本文へスキップ

呼ネットは人工呼吸器ユーザー同士の情報交換、交流を目的として活動しています。

E-mail: conet.jimukyoku@gmail.com
〒190-0022 東京都立川市錦町3-1-29 サンハイム立川1F

日常Q&ACreating Better Lives


<車椅子に医療機器をどうやって搭載しているの?>


人工呼吸器ユーザーが外出するためには、呼吸器はもちろん、様々な医療機器を持っていく必要があります。
多くの医療機器をどのように工夫して車椅子に搭載しているか、また外出時にどういう物品が必要で持ち歩いているのかをご紹介していきたいと思います。
まずは呼ネット事務局員から!!

呼ネット事務局員 安平有希
呼吸器:トリロジー100plus 車椅子:介助用車椅子
 
<その他持ち歩いている物>
・呼吸器のAC電源
・呼吸器のバッテリー
・呼吸器用レインカバー
・携帯用レインポンチョ
・アンビュー
・吸引機
・カテーテル
・アルコール綿・滅菌手袋
・精製水
・発作の薬 胃ろうチューブ シリンジ
・サチュレーション・体温計
・ガムテープ・ハサミ


呼ネット事務局員 岡本千春
呼吸器:アストラル150 車椅子:イマセン電動ティルト車椅子

 シングル回路を使用  呼吸器の左側に置いている黒いのが外部バッテリー(8時間)  車椅子の全長は呼吸器搭載台を入れて105?(呼吸器を下ろした場合は、搭載台を折りたたんでコンパクトにできる)

<その他持ち歩いている物>
・呼吸器のバッテリー(内部・外部合わせて16時間)
・本人用と呼吸器用レインコート
・洗濯ばさみ
・折りたたみ傘
・テープ・ハサミ

*随時、皆さんからの情報をお待ちしています!

バナースペース


風は生きよという呼ネット データベース

呼ネット事務局

〒190-0022
東京都立川市錦町3-1-29
        サンハイム立川1F
東京都自立生活センター協議会内

TEL 042-540-1844
FAX 042-540-1845

E-mail : conet.jimukyoku@gmail.com

呼ネットアイコン
inserted by FC2 system